2006年07月04日

独自のコンセプトを創る その2

先日のブログでご紹介した「起業革命」(宮川明氏著)には、コンセプトを創る発想法が紹介されています。大変参考になりますので引用させていただきます。

宮川氏はインターネットビジネス全般について語っていますので、以下は情報起業に限ったコンセプトということではありません。
(1)小さな1番をつくる:

小さな1番をつくることは売れるコンセプトをつくる上で最も有効かつ重要な方法であると書かれています。なぜなら誰もが最も売れている商品を買いたいし、その道の第一人者から教わりたいからです。

いまから何かの1番になるのは無理では?と思ってしまいますが、次の二つの方法を使って1番になることが可能なのです。

・全く新しいコンセプトをつくる(週末起業やプチリタなど)
・競合がいなくなるまで小さく絞る(ある業種・業態の中で1番、あるエリアの中で1番、メルマガの読者数で1番など1番になるまでビジネスを絞る)

小さな1番をつくるというコンセプトの作成方法は(2)以降のコンセプト作成方法の場合も頭に入れておく必要がある重要なものです。


(2)1番と対極のコンセプトをつくる:

1番と似たようなビジネスですと、二番煎じになってしまいますが、1番と対極であれば売れるビジネスとなり得ます。

例えば、高級ホテルや旅館と宿泊者の仲介をしている一休.comと対極のビジネス展開をしているのが格安ホテル.net。1万円以下のホテルのみを掲載するマッチングビジネスです。


(3)よりニッチに特化する

売れているビジネスや成熟化しているビジネスをさらに細分化することで売れるビジネスになり得ます。

ニッチに特化するというコンセプトは小助川氏もセミナーで話していましたが、もともと分野がニッチであれば問題ありませんが、競争の激しい分野ですと顧客ターゲットや扱う商材を絞り込んでニッチに落とし込む必要があるということです。

著書の中では、売れているホームページはすべてニッチに特化していると言い切っています。


(4)組み合わせる・組み替える

これはすでにあるコンセプトとコンセプトを組み合わせる、あるいは組み替えて新しいコンセプトを作り出すものです。

例えば、起業とコーチングを組み合わせて、「起業で成功するコーチング」というコンセプトはいかがでしょうか。コーチングという一般的な技術を起業家向けに絞り込むコンセプト創りです。

組み替えは組み合わせの片一方を別のものに入れ替えればできますね。上のコーチングをセルフコーチングに入れ替えただけで全く違うコンセプトになります。

「起業で成功するコーチング」は専門のコーチが起業を目指している人を導く、つまりコンサルティングを実施するコーチングですが、「起業で成功するセルフコーチング」は、起業を目指している人が自分自身のモチベーションをアップさせる方法を教えるコーチング技術です。こちらはコンサルティングの必要はありません。
posted by honeybush at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | 情報起業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20246383

この記事へのトラックバック

ネットビジネスで稼ぐためにもっとも重要なことは?
Excerpt: ネットビジネスで稼ぐためにもっとも重要なことは? あなたは何だと思いますか??? 「なんてったってアクセス数を稼ぐ!」 「そのためには検索エンジンでの上位表示!」 「そのた..
Weblog: マーケティングの専門家宮川明氏が公開する!わずか24時間で今の10倍稼ぐたった1つの方法
Tracked: 2006-07-04 12:40

ダメアフィリエイターから大脱出せよ!
Excerpt: 「アフィリエイトはじめたんですけど、全然だめなんです。やっぱり難しいですね。。。」 「どんなサイトつくったの?  あ〜、こりゃダメだわ。  まずね、マーケットがニッチすぎてダメ。  で、こ..
Weblog: ダメアフィリエイターが稼ぐ!月300万円!コレ本当です!
Tracked: 2006-07-04 15:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。