2006年07月13日

キーワードを発想する

これからインターネットで情報起業するためにはインターネットマーケティングの手法を学んで実践する必要があります。SEO対策とか、メディアごとの活用方法や、集客方法などです。

私はこのブログを立ち上げて起業の一歩を踏み出したのですが、いったいどのくらいの効果がでているのか、皆さん興味があることと思います。

実はお察しのとおりまだまだこのブログをたずねてくださる方の数は多くありません。それは私がインターネットマーケティングのあらゆる手段を講じていないためです。

単に怠けているだけなのですが、そうしたノウハウはたくさん無料で出回っていますので私も徐々に手がけていくつもりです。

唯一講じた対策は、はじめから検索エンジンにひっかかるためのキーワードを意識したことです。


そろそろ記事の数がある程度たまってきましたので、当初意識したキーワードを二つgoogleの検索BOXに打ち込んでみたところ、なんと27万件中の20位に私のブログがあるのを発見し、かなりうれしくなりました。

しかし、同じキーワードでyahooで検索してみると51位です。皆さんご存知のとおりgoogleとyahooでは検索エンジンの仕組みが違いますので、こうした結果の違いがでるのだと思います。

20位で気をよくしてから、毎日見ているのですが、本日同じキーワード二つでgoogleの10位になりました。10位は1ページ目にでるので、かなり喜んでいます。

以前より、ブログはホームページより検索エンジンに引っかかりやすいとは聞いていましたが、立ち上げてから1ヶ月も経っていない私のブログが二つのワードでの検索とはいえ27万件中の10位にくるなんて、改めてキーワードを意識することの威力に驚いています。

皆さんが肩書きやブログのタイトル、内容を決める際はキーワードを意識して決める必要があるということがおわかりいただけたかと思います。

インターネットで起業する場合はこうした対策が必要というよりもこうした対策を前提とした戦略が必要になるということです。つまり、どんなキーワードで上位表示されたいのか、という視点でネタを発想する必要があるということになります。
posted by honeybush at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。