2006年07月14日

思考を体系化する

インターネットで起業するためには書くことが必須となります。ブログ、ホームページ、メルマガ、情報商材、すべて自分の文章で情報を発信していかなければなりません。

私自身、ブログをはじめるまえに書くものといったら、せいぜい提案書(企画書)くらいでした。しかもパワーポイントを使った資料が多いので、まとまった文章を書く機会はほとんどありませんでした。

ですので、ブログを始めるまえは果たして毎日文章がかけるのか、かなり不安になりました。でも書き始めてみると意外と書けるんですね。しかも気づいたことがあります。文章を書くことで得られる意外な効果です。

それは自分の頭の中でもやもやしていた思考がまとまるのです。こーもあーも考えてぐじゃぐじゃになっていたさまざまなアイデアや考えが一つにまとまり、結論を導きだせるようになるのです。思考が体系化されると言い換えてもいいかもしれません。

この効果には驚きました。正直に言いますと、書き始めてから「そうだ!」と気づくことも多いのです。もやもやのまま書き始めても、終わりにくるころにはきちんと結論に結びつけることができています。

書くということは人間の思考を整理し、結論を導き出す最短の方法かもしれません。

逆に読む立場になって考えてみますと、結論のない文章って腹が立ちますよね。導入から本題になり、だからこうだよね、という結論が読みたいばかりにずっと読み続けているわけですから。どうしても結論を知りたくなります。

そこが文章の持つ力であり、これを利用して商売をするのがインターネットでの情報商売ではないでしょうか。どれだけ結論を知りたい、次が読みたいという気持ちにまで読者を引き込めるか、これが勝負どころです。

私の文章はどうなのか、気になるところです。

posted by honeybush at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20772156

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。