2006年07月18日

ネタを発想しない戦略

起業したくても最初の一歩が踏み出せない。起業のネタが見つからない。私自身も何年もそういう状態でした。そうした同じ悩みを抱えている方に向けて、起業のネタを創り出すという新しい発想法をお伝えしたくて、このブログを始めました。

このブログを読まれて「よし、やってみよう」と思っていただければ非常にうれしいのですが、なかなかそう簡単に決めることはできない、と思われた方も多いのでは。

そこで、今日は何も発想しない戦略のご提案です。


おさらいです。

私が薦めるネタを発想するための戦略とは:

@問題・課題を解決する
人がインターネットで求めているのは問題、課題を解決してくれる情報です。情報起業家(候補者)は人が困っている、悩んでいる問題・課題を発見し、それを解決する情報を提供することが大前提となります。

A独自のコンセプトをつくる
インターネット上で全く新しい情報を見つけることは非常に難しいですよね。すでに誰かが、あなたが扱おうとしている情報を扱っています。でもその情報にあなたなりの独自のコンセプトを打ち出すことで、あなただけのオンリーワンの情報に創り上げます。

B自分をブランド化する
あなたから買いたいと思ってもらうことです。信頼感を持っていただくことです。あなただから買いたいと思っていただけるかどうか。

ということなのですが、でも、そうは言っても「何をどんな人に向けて発信したらいいのかわからない」という方は、取り合えずブログを立ち上げましょう。

何を書くのか?

なんでもいいんです。無戦略ですから。

でも毎日書いてください。昨日書きましたが、立ち止まらないことが重要です。

なんでもいいって、でも何を書くんだ!とお怒りの方もいらっしゃると思います。

毎日書くからと言って本当の日記にしてしまっては本末転倒です。無戦略とはいえ、ビジネスの一歩を踏み出すのですからその気構えを持つことは大変重要なことです。そうでなければ続けることができなくなると思います。

例えば、すでに有名なメルマガ発行者になっている方の例で考えますと何かの情報に自分の意見や感想を追加して発信しています。無からつくっているわけではありません。

テレビ、新聞、雑誌、業界紙、ラジオ、本、街中の広告(極端な話職場の上司とか同僚とかでもいいかもしれません)などご自分が毎日触れている媒体から情報をピックアップして、ご自身の感想なり意見を付け加えればいいということになります。

これなら続けられそうではありませんか?
posted by honeybush at 12:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報起業
この記事へのコメント
honeybushさん、こんばんは!

チポリーノです。

毎日記事を書くって、つらいことですね。

新しいデザイン、さわやかでいいですね。

ところで、おとといの晩おそく、たまたまNHKのテレビを見ていたら、だいぶ昔の「井伏鱒二」のインタビュー番組を放送していました。

その中で、作家の開高健が、ものが書けなくなったとき、どうしたらいいか質問していたのですが、井伏は「とにかく、何でもいいから書くんだよ。俺なんか、文章が書けないときは、いろはにほへと...って書いているんだ!」って言っていました。

高名な作家にしてそうですから、いわんや一情報起業家においてをや、ですね。

お互いにがんばりましょう。

応援ポチ!
Posted by 「情報起業で人生に勝利する!」@チポリーノ at 2006年07月18日 22:48
チポリーノさん。こんにちは。

コメントありがとうございます。

いろはにほへと、ってすごいですね。
そこまでいくとやはりプロって感じがします。

書くことって苦しいですけど、思考が整理できたり、さらに違う方面に興味が展開したりといいこともいっぱいありますね。

また遊びにきてください!
Posted by honeybush at 2006年07月20日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。